バージョン管理のスタンダードgitコマンドを使いこなす

Git

Gitはいわずと知れたバージョン管理ツールですが、非エンジニアにとってはなかなか概念が掴みづらく理解が難しいかと思います。それでも、学習するだけの価値はあると考えています。私もexcelファイルを管理するとき、ファイル名_20190505.xlsx、ファイル名_最新版.xlsxなど、どれが最新のファイルかわからなくなったりファイルの検索に時間がかかったりしていました。そういった問題点を解決してくれる上、修正間違いを機械的に発見できたりファイルの共有が簡単にできたりと夢のようなツールです。今回はよく使うのにすぐに忘れてしまうgitコマンドについてまとめてみました。

ローカルリポジトリ操作

ローカルリポジトリの作成

Gitで管理を始める際に使うコマンドです。コマンドを入力した場所でリポジトリが作成されてしまうので、プロジェクトのルートディレクトリで実行が必要です。

ファイルの変更箇所を確認

ローカルリポジトリへファイル変更の登録

このコマンドだけではリポジトリにはデータが保存されません。変更情報のみを登録するだけのコマンドです。変更する前の前舞台に上げるという意味でステージングエリアに上げるとも言います。

以下のコマンドを使うと、全ての変更を一度にステージングすることができます。

ステージングエリアから外す

git add でステージングしたデータを取り消します。

変更登録情報の確認

どのファイルがステージングされているか確認することができます。

ローカルリポジトリにデータを保存

コミットといいます。コメントは必ず必要なため、オプションでつけておくとスムーズです。

直前のコミットの取り消し

複数コミットをまとめる

コミットを重ねていると、無駄なコミットが発生し履歴がごちゃごちゃになってしまいます。後から見た時にコミット履歴を追いやすいように、コミットをわかりやすい単位にまとめておく必要があります。

上記コマンドを入力すると、vimが立ち上がりどのようにコミットを修正するか指定します。

  • pick そのままコミットを残す
  • squash 前のコミットにマージする、メッセージなどの編集可能
  • fixup 前のコミットにマージする、メッセージはマージされるコミットのコメントを使用

コミット履歴を確認

コミット履歴を確認することができます。各コミットにはハッシュ(commit 98f9f3db2b75d1…)がついておりどのコミットか判別が容易になっています。

1コミット、1行で表示。

ビジュアルでコミットログを見やすく

ブランチ操作

gitには複数人で作業しやすいようにブランチという機能が存在します。

現在のブランチを確認

新規ブランチを作成

ブランチを切り替え

リモートリポジトリ操作(github)

githubからリポジトリをコピーする

githubに公開されているリポジトリをローカルPCにコピーします。これをクローンと言います。

クローンする際httpsとsshがありますが、httpsを選択するとリモートリポジトリにアクセスする際、毎回IDとパスワードを入力する必要があるためできればsshでのクローンをおすすめします。

登録されているリモートリポジトリ一覧を表示

クローンしたリポジトリを最新の状態にする

リモートリポジトリは他の人も作業しているので、常に更新されています。そのためクローンしてきたリポジトリも更新が必要になります。

ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させる

他人が作業しmasterにマージしたコミットを自分の作業ブランチに時系列順に取り込む

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする