マーケティングのためのExcel(5) – SUBTOTAL関数

excelロゴ

SUBTOTAL関数は何でも屋のような関数で、その上フィルタで抽出したデータのみの集計も簡単にできるすごいやつです。具体的な機能としては関数の第1引数に以下の表のような数字を指定することにより、様々な集計を実装することができます。

第1引数に指定 集計方法
非表示の値も含める 非表示の値は無視
1 101 平均
2 102 数値の個数
3 103 データの個数
4 104 最大値
5 105 最小値
6 106
7 107 標本標準偏差
8 108 標準偏差
9 109 合計
10 110 標本分散
11 111 分散

関数

=SUBTOTAL(集計方法,参照1,参照2,…)

subtotal関数説明画像

下記画像のように、JANコード1234500000001でフィルタをかけても、しっかり集計が補正されているのがわかります。

subtotal関数説明画像

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする